正看護師は長く働きたい人におすすめ

どちらがいいの?正看護師と准看護師

正看護師と准看護師の違いは一体何か、明確に知ろう

長く働きたいなら正看護師がおすすめ

長く働きたいなら正看護師がおすすめ
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

長く働ける看護師

長く働ける看護師

女性も多く活躍する社会へと変化してきており、今では女性も大学を卒業して社会で働くことが一般的になりました。独立志向が高い人の中には子育てと両立させながらキャリアアップして働き続けている人もいます。ですが、キャリアアップしている人ばかりではなく、育児休暇を取得して休暇明けに職場復帰をしようとしても違う課に回されてしまう、という人も少なくありません。そうなってしまうとまた0からのスタートとなってしまうこともあります。しかし何かの資格を取得しているのであれば、そのスタートラインを引き上げることが可能になります。
看護師はそのスタートラインを引き上げることが可能な仕事の一つと言えます。看護師の職場でもある病院は人手不足に悩んでいるところも多いため、ほとんどの場合職場復帰は歓迎されます。看護師の資格は仕事を辞めてもブランクがあっても一生継続されますので、一度辞めた人も休暇明けの人もスタートラインを引き下げることなく始めることが可能です。
そのため他の仕事とは違いブランクがあっても看護師の仕事は需要が高いため復帰しやすく、さらに復帰明けのスタートラインを高い位置で保つことができます。特に正看護師は国家資格を取得しているため求人数も多くあり、職探しで悩むことはありません。長く働きたいと考えるのであれば、ブランクがあっても職探しが有利に進む正看護師がおすすめです。

若い人は正看護師を目指そう

若い人は正看護師を目指そう

正看護師と准看護師は違う面がたくさんありますが、長く働きやすいかどうかや給与にも違いがあります。正看護師は国家資格ですので取得しておけば一生継続される資格ですが、准看護師は資格そのものがなくなってしまうというリスクがあります。早く現場に出たいと考えているのであれば准看護師は資格取得までの期間が短いので30代40代の転職組に向いていると言えますが、これから先の看護師人生が長い10代20代であれば何かとメリットの多い正看護師を目指すことをおすすめします。
資格取得までの期間は正看護師の方が長いですし、資格を取得するハードルも高くなります。しかし正看護師は今後も有利に働きますし、資格そのものがなくなるリスクがありません。そして10代20代はまだ働くということに関して焦る時期ではありませんので、一生ものの資格である正看護師の資格を取得しましょう。一度仕事を辞めたとしても、正看護師の資格があればいつでも看護師として復帰することができます。