正看護師を目指すよりもハードルが低い准看護師

どちらがいいの?正看護師と准看護師

正看護師と准看護師の違いは一体何か、明確に知ろう

准看護師は正看護師よりハードルが低い

准看護師は正看護師よりハードルが低い
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

資格が取得しやすい

資格が取得しやすい

准看護師のメリットとしては資格取得のしやすさ、という点があります。なぜなら正看護師を目指すよりも准看護師は試験が簡単ですし、最短2年で資格を取得することができるからです。そのため試験が正看護師に比べて容易であり、かつ資格取得をするまでの期間が短くなっています。正看護師は中学校を卒業してから最短でも5年、高校を卒業してから2年から4年の勉学が必要です。しかし准看護師は中学校を卒業してから最短で2年勉学をすることで取得することが可能です。

仕事とプライベートのバランスを取りやすい

仕事とプライベートのバランスを取りやすい

准看護師として働いているとプライベートの時間を多くを割くことができます。正看護師のように出世をして管理職を目指すことは難しいですが、非常勤として働いた場合、勤務シフトを自分の都合に合わせながら柔軟に組むことができます。また、正看護師に比べて残業が少ないため仕事以外の時間も十分に取ることができます。

収入が安定する

収入が安定する

正看護師に比べると准看護師の給料事情は低めになってしまいますが、それは正看護師と比較しているからであって他の仕事に比べると准看護師も高い水準となっています。准看護師の平均年収は同世代の一般企業で働いている平均年収を上回っており、同じ職場で勤続年数を積むことで年収500万円以上の給与をもらっている准看護師もいます。そのため収入が他の仕事と比べると安定しています。

年齢を気にせず転職できる

年齢を気にせず転職できる

准看護師の75%近くが40代以上となっており、逆に30代以下の准看護師は全体の25%しかません。そのため准看護師は年齢層が高いと言えますが、このように働いている人の年齢層が高いと30代40代で全く別の仕事から准看護師を目指そうと考えている人も十分やっていくことが分かり、転職のハードルも低くなります。
准看護師の年齢層が高い理由の一つに新しく資格を取って看護師の仕事を目指す30代と40代が増えていることがあります。准看護師は資格を取得しやすいため、今まで医療に全く携わっていなかった30代以上の人たちも資格取得までの期間が短くて学費も安く済む准看護師の資格を選択する人が増えてきているからです。
また、准看護師として働きながら正看護師を目指すこともできます。大きな病院では准看護師から正看護師になる支援を積極的に行っているところも増えていることから、准看護師は年齢を気にせず目指しやすいというメリットがあることが分かります。