准看護師は正看護師のサポートが中心

どちらがいいの?正看護師と准看護師

正看護師と准看護師の違いは一体何か、明確に知ろう

サポート役となる准看護師

サポート役となる准看護師
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

准看護師の仕事内容とは

准看護師の仕事内容とは

准看護師は医師や看護師の指示のもと診療の補助や患者さんの身の回りのお世話を行います。具体的には患者さんの薬の管理をしたり健康状態のチェックなどです。正看護師は国家資格を有している看護師のことを指しますが、准看護師は都道府県知事免許となっています。そのため准看護師は正看護師と比べるとできることの幅が狭くなります。
准看護師は基本的に正看護師の補佐役として指示を受けて仕事をしますが、患者さんの症状を正確に観察して、緊急時には適切な対処を求められますので准看護師だからできないという言い訳はできません。また患者さんの多くは病気や怪我で入院し、精神的に落ち込んでいる状態です。そういった状況にいる患者さんを理解して励ますために、患者さんから信頼を集められるよう誠実に行動しなければなりません。

必要なスキル

必要なスキル

准看護師は都道府県知事免許が必要となりますが、正看護師の国家資格とは少し異なります。免許の試験内容には薬や感染予防に関する知識と患者さんを看護するための医学的な知識全般が出題されています。そして高校卒業後に看護学校で2年間学ぶことや看護師の資格試験の受験資格を持っていることなどが、免許を取得するために必要な条件となります。准看護師は人の命に関わる仕事ですので、どんな状況でも臨機応変に対応するスキルや患者さんとそのご家族と接するためのコミュニケーション能力が求められます。

働き方

働き方

准看護師の勤務先には病院や診療所の他にも訪問看護や老人保健施設などがあります。働き方としては夜勤や休日出勤を含むシフト制の職場が多く、日勤と夜勤を交代で行っています。また以前に比べると男性も増えてきていますがまだまだ女性の方が多く、女性中心の職種と言えます。
准看護師は働いていく中で看護に必要な医療知識と技術を習得していくことができ、座学だけでは学ぶことのできない現場での経験も積むことができます。小さな病院で働くと総合的なスキルを求められることが多いので、多くの診療科目を経験することができます。反対に大きな病院で働くと、一つの診療科に対して深い知識と技術を身につけることができます。しかしながら、准看護師は正看護師と違って経験を積んでも管理職にはなかなか就けないケースが多いので、キャリアアップを目指すのであれば正看護師の資格を取得することです。准看護師の資格を取得後3年以上の実務経験があれば2年制の看護学校に通うことで国家試験を受けることができます。